小さなアイデアの積み重ねで大きな変化を

ごあいさつ

  • HOME »
  • ごあいさつ

takano2014Bわれわれの愛すべき日本は、さまざまな観点で大きな転換期に入っています。国家・コミュニティ・個人の幸せがなんなのかをあらためて捉え直し、新しい価値観を再構築する時代にあると強く感じています。

こうした時代では、顧客のニーズが多様化して急速に変化していくので、これまでのようにじっくり調査して事業計画を作っていては間に合いません。スピード感を持って市場と対話しながら事業を作っていく姿勢が必要となります。

また、アジア各国との関係づくりが大切な問題になり、人と人との交流もますます盛んになっていくでしょう。言葉を越え文化的背景を越えて、心がつながる瞬間の積み重ねが一人一人の体験を豊かにし、国際間のよりよい関係づくりに貢献していくと思います。

一方で、パーソナル・コンピューティングの概念が誕生してから30年あまりが経過しました。当時アラン・ケイが提唱したダイナブックは、人間の知覚と思考力を最大化する道具と位置づけていました。現在のスマートフォン/タブレットならびにクラウド環境は、まさにこうした道具になりつつあります。

私はこれまでの経験を踏まえて、日本人のひとり一人がアジアの人たちと手を携えて新しい価値を産み出すことができるよう、IT技術を活用しつつこれをお手伝いをしたいと考えました。これが、創発計画株式会社を創業した理由です。

創発とはシステム理論や組織論の用語で、一つ一つの要素の性質を単純に足しあわせただけでは得られない性質が、全体として現れる現象を指します。

創発は、一つ一つの要素の振る舞いからは予測ができない、つまり計画できないものです。しかし、全体を大きく変えるためには、意識して小さな変化を起こさないとなりません。

私自身がこの小さな変化をもたらす要素の一つとなり、関わる方たちと共に新しい価値を創り出すことに挑戦する、という意味を「創発+計画」という言葉に込めています。

代表取締役 髙野元

PAGETOP
Copyright © 創発計画株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.